まず知っておきたい基礎知識

ソーラーパネル

福岡で太陽光発電の導入を検討している方も多いでしょうが、まずは基礎知識として、その仕組みを知っておきましょう。一般的なタイプのもので説明すると、太陽光発電は、主にソーラーパネルと、パワーコンディショナー、そして蓄電池で構成されています。「ソーラーパネル」は、太陽光をエネルギーに変える装置で、建物の屋根や空地などに設置されます。「パワーコンディショナー」は、ソーラーパネルが生み出した直流の電気を交流に変換する装置であり、これがないと家庭や施設で、普通の電力として使うことができません。そして「蓄電池」は、太陽光で生み出した電気を貯めておくための装置であり、無くても電力を使うことはできますが、あると夜間でも電力が使えるので電気代の節約になります。

費用面についての注意点

ソーラーパネル

福岡で太陽光発電を導入するのは、電気代の節約になったり売電収入が得られたりといったメリットがあるからですが、初心者の場合は注意しておきたいことがいくつかあります。それは費用に関することであり、設置費用やメンテナンス費用が高額になるケースが多いということです。「設置費用」については、家庭用の出力の小さいものでも100万円以上かかるのが普通なので、その費用を工面する必要があります。初期費用を抑えたいのであれば、ソーラーローンを活用すると便利ですが、地方自治体の補助金を利用すると費用自体を抑えることができるので、必ず補助金が適用できるかどうかを事前に調べておきましょう。「メンテナンス」に関しては、パワーコンディショナーの交換費用や、定期的なメンテナンス費用がかかるため、売電収入などでその分を積み立てておく必要があります。

その他の注意点

女性

太陽光発電を導入するときの注意点としては、費用面の他にも、設置する向きや反射光、出力制限に関することが挙げられます。「設置の向き」については、住宅の屋根などに設置する場合は、南向きが最も良く、東向きと西向きもそこそこ良いとされていますが、北向きは設置に向いていません。なぜなら、北向きだとソーラーパネルが太陽光を上手く受け止められず、十分な発電量が得られなくなるからです。そのため、建物の構造などの何らかの事情で北向きにしか設置できない場合は、無理して導入しないほうがよいかもしれません。そして北向きというのは、「反射光」が生まれやすく、近隣から光が眩しいなどのクレームが来るケースもあります。そのため、反射光というデメリットも含めて、やはり北向きは太陽光発電に向いていなと言えるでしょう。さらに「出力制限」については、地域の太陽光発電の量が増え過ぎて、供給が需要を大きく上回ると、電力会社側が制限をかけ売電が一時的にできなくなります。福岡が含まれる大手電力会社でもこの措置が取られる可能性がありますし、特に出力の大きい産業用の場合は、優先的に制限の対象になるため注意が必要です。

株式会社 ECOM

無償で得られる清潔なエネルギー!福岡で太陽光発電について相談

広告募集中